« ハチクロ | Main | ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心 »

Jul 14, 2009

マイケル・ジャクソン

Apollo_2

(Hiroko in front of Apollo Theater)


家に帰ってくると、浩子から「マイケルのニュース見た?」というメールが入っていて、その瞬間、ああ、マイケルは亡くなったんだ、と思いました。でも浩子がメールをくれたときは、日本では心停止のニュースが流れていただけだったそうです。

 

なぜかその週は、久しぶりにマイケルのことをたくさん思い出していました。きっかけは、Moonというデビッド・ボウイの息子が作った映画でした。(中略)ローリングストーン誌の歴代シンガートップ100の中にデビッド・ボウイを見つけ、マイケルもこの中にいるはずと探しはじめ、このマイケルの歌唱力、更なる高みを目指す姿勢が絶賛されているコラムを読んですっかりいい気分になりました。そこで今更ながらに、今ならキャプテンEOYoutubeで見ることができるかも!ということに気づき、あとは芋づる式です。フレッド・アステアやジェイムズ・ブラウンを踏まえているとはいえ、あらためてマイケルはオリジナルだなあと思いました。あの格好を着こなして、マイケルの物まね以上のものになれるのはマイケルしかいません。

 

年をとったマイケルは想像できないと思っていましたが、相変わらず日傘(単に傘かもしれませんが)を差しているマイケルのニュースを見て、こんな感じでこのまま不可解な存在でいけるかもとも思っていました。亡くなる二日前のリハーサルの映像では、相変わらず踊りまくっていましたが、ジャッキー・チェンがもう年だからアクションじゃない役をやりたいと言っていたのは50歳の頃だったかと思うと、マイケルは心臓が止まるぐらい無理をしていたのかもしれないとも思います。踊るだけではなく、歌うというのは、人間業ではありません(それでいて、単に才能溢れるアーティストというだけでなく、ソニーとハードネゴできる才覚も持ち合わせています)。浩子はマイケルがよぼよぼになるまで生きていて欲しかったそうです。

 

浩子とは、先にマイケルと友達になったほうが、もう一方をマイケルに紹介する約束になっていましたが、実現しないままでした。アメリカにいたのに、ちっとも近づけないままに終わってしまいましたが、少なくともニューヨークにいるのだから、アポロシアターでのメモリアル・サービスには行かなくては、と、当日に突然気付き、お葬式にジーンズでいいものか、などと考えているうちに雷雨になり、到着したときには、アポロシアターの前にはまだ長蛇の列ができていましたが、最後のサービスに間に合わなかったのでした。ハーレムという土地柄、行列に並んでいるのは99%黒人でしたが、なぜか白人のおばあさんもいました。

One more show, please!と詰めかけるファン)

 

マイケルが亡くなった後の報道は凄まじいものがありました。CNNのキャスター、アンダーソン・クーパーはこのためにLAに移動していました。亡くなった人へのリスペクトのない興味本位の報道に頭にくることもありましたし、アメリカでなければ、あんな訴訟が起こることもなかっただろうとも思います。が、マジック・ジョンソンが、コービー・ブライアントや自分が成功できたのも、マイケルがドアを開けてくれたから、というのを聞くと、オバマを含め、みんな多かれ少なかれマイケルに負うところがあるに違いありません。でも、マイケルはそんなことに関係なく、ティンカー・ベルみたいに光の粉をまき散らして現実の世界に落ちてきたスーパー・スターだったのでしょう。RIP.

 

イラン人の友人によれば、マイケルがあのタイミングで亡くなっていなければ、イラン大統領選挙についての世界での報道が続き、政局に打撃を与えられたかもしれないのに、とのことです(怒っていました)。世の中わからないものです。

|

« ハチクロ | Main | ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139794/45631860

Listed below are links to weblogs that reference マイケル・ジャクソン:

« ハチクロ | Main | ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心 »