« ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心 | Main | キャベツ色のジャケット »

Sep 27, 2009

夢十夜:第六夜 映画

Hiroko_central_park

(@Central Park)


こんな夢を見た。浩子が夢十夜 を元にした芝居をするから、夢十夜の映画を一緒に見ようと言う。気乗りせずに半分寝ながら離れて見ていると、突然、黒澤明の劇画調のモノクロ画面に昔の装束の人が山道を走っている。夢の中の夢かと思う。するとパソコンの画面が現われ、自動書記が始まる。昔、ノートの上に文字が浮き上がる夢を見たことがあるが、今どきになると自動書記もPC上になり、これもまた自分の夢かと思う。しかし、浩子は、これは松尾スズキの映画なのだと言う。

 

運慶が仁王像を彫るというので見物人が集まっている。運慶を見るのは初めてだと思う。運慶の踊りを見て、このようなところにもマイケルの影響があることに感激するが、時代からいって、運慶はマイケルを見る機会はなかったかもしれない。運慶はモダンな男で、袖を紐で絡げているが、髪は染めているのか金色で、ゴーグルだかサングラスを掛けている。見物人よりもよほどモダンだ。運慶が前振りの長いストロークで、ノミを振り下ろすと、木から仁王像がそのまま現れる。土から石を掘り出すようなものだから、決して間違えるわけはないという。自分もそのようなものかもしれないと思う。

 

それを見た阿部サダヲ演じる『私』は家に帰り、我もしてみんとてするなりと、軒先で薪を割る。すると昔、北海道土産の白い美味しい飴が入っていたような彫り物がでてくる。それを見て、自分はすぐに新潮文庫で第六夜を読む。そこで漱石の硬質な文章を読んでいる自分の感じをリアルに思い出し、これは夢じゃないと確信する。

 

漱石も凄いですが、映画も超秀逸なので是非是非ご覧下さい。


|

« ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心 | Main | キャベツ色のジャケット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139794/46329539

Listed below are links to weblogs that reference 夢十夜:第六夜 映画:

« ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心 | Main | キャベツ色のジャケット »