Oct 13, 2008

Chestnut

私の好物は、牡蠣と雲丹と鰻ですが、栗もかなり好きです。しょっちゅう甘栗を買い、マロングラッセがポテトチップスのように食べ続けられるぐらい、庶民的な食べ物ならよかったのにと思います。あるとき、浩子から旅行のお土産が送られてきましたが、「君へのお土産は、鰻か栗でいいから考えなくてよくて楽だ」と書かれており、栗の入ったお菓子が入っていました。


お正月に帰国しているときに、浩子がお守りだと、帽子を被った栗をくれました。と言っても何のことか分からないと思いますが(私も何だか分かりませんでした)、浩子が児童館で働いていると(当時)、子供が「先生お守り作ろうよ」と誘ってくれ、浩子は「?お守り?」と思ったそうですが、見ると、子供は『大宮八幡』と書かれたお守りを紙で作っていたのでした。その後、浩子は子供が興味を失ってからも、「先生、何作ってるの?」と尋ねられると、「先生のお姉さんは栗が好きだから、栗のお守りを作ってるの」と子供そっちのけで超集中して、栗のお守りに取り組んだのでした。浩子はいい奴だなあとしみじみしました。

浩子はどこで手に入れたのか、こんな栗柄の手拭まで送ってくれました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 07, 2008

ウサギのpeeps

Peeps_rabit
浩子が「これをホームページに載せて」、と送ってきました。一羽残った保存版のようです。

よく考えたらウサギは顔だけじゃなくて、胴体もありました。二頭身ですが。

よく見ると一羽ずつ顔が違うのですが、これは可愛い奴です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2008

Peepsと絵文字

Peeps
前回いくみさんに日本に持っていってもらった浩子宛の荷物には、リーシーズのお菓子(三種類)のほかにPeepsがありました。Peepsはイースター(復活祭)の近くになると、つまり春になると売り出される、マシュマロに砂糖がかかったお菓子ですが、イースターの定番のヒヨコとウサギがあり、一番メジャーなのが普通に世の中に存在する黄色いヒヨコ。この黄色いヒヨコが一番早く売り切れ、イースター直前になると、水色やピンクや紫の日本ではありえなさそうな色のヒヨコやウサギが大売出しになっています。

単なる飾りかと思っていたら意外な美味しさがあったので、これを浩子の誕生日に一緒に送ってあげようとキープしてありましたが、封筒に入らなかったので、
5月になってしまいました。それも黄色いヒヨコ(デザインは、東京の銘菓ひよこに似ています)が売り切れたので、黄色いウサギになりました。でもウサギのほうが平面だからか大容量です。ヒヨコはヒヨコの形をしているのに、何故かウサギは顔だけなのです。

浩子は「かわいいね、
cat(肝心のウサギがないことが発覚したので猫で代用)のマシュマロ。」「cat2羽食べました。マシュマロに砂糖がかかっているなんてアメリカだね。」とメールを送ってきました。昔、紫のヒヨコは送ったことがあったような気もしてきましたが、すると「chickもらったような。」と言ってきました。以前、浩子からのメールの締めは『福』に似た字であることが多く、これは最近の流行なんだろうか(ラッキーマークとか?)、とあるとき聞いて見ると、「絵文字なんだけど読めないんだね」とのことでした。その後、メールを送ってもらうアドレスを変えたらウサギも見えるようになりましたが、今、考えると、浩子が一生懸命(かどうか分からないけれど)、可愛いマークを探して送ってくれたのに、全部、『福』の字で片付け、長年疑問にも思わなかったのは、ちょっとひどかったと反省です。  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 17, 2008

Hershey's/Reese’s/リーシーズ

以前、ペンシルバニアに行くけど、という友人達と一緒にドライブに行ったら、行き先はハーシーでした。チョコレートのハーシーズと同じ名前、と思っていたら、本社はまさにハーシーにあるのでした。ハーシー社のチョコレートの裏を見てください。Hershey, PA(ペンシルバニア)と書いてあります。巨大チョコレート会社のために、町は改名したのです。街灯もキスチョコの形をしており、工場の煙突にもハーシーと書かれ、チョコレート工場地帯の中に町があるといった風情で、本当にチョコレートの匂いのする町でした。おまけにただでチョコレート工場見学ツアーもあり、ツアーの最後には小さな板チョコまでもらい、小さな頃なら興奮して鼻血がでていたに違いありません。でも、ツアーが終わると、今までに見たことのないハーシーズ製品が山のように積まれていて、大量にチョコレートを買うようになっているのでした。もちろん、お土産にリーシーズも買いました。

リーシーズはいつもは定番のピーナッツバターカップを、たまにホワイトチョコレート版を食べる、という感じでしたが、今年に入ってから、リーシーズのマーブルチョコがあることに気付き、母の色つき食べ物禁止令の影響で、M&Mを食べるのは抵抗がある私も、オレンジ、茶系でまとまったマーブルは一気に食べてしまいました。折角だから浩子にもあげようと買ってありましたが、マーブルチョコだけをエアメールするのも気が引けていたところ、東京から来た友人に持って帰ってもらい、送ってもらうことになりました。(いくみさん、どうもありがとう!)自分が運ぶのではないということで気が大きくなり、他にもリーシーズのウェハースとリーシーズのチョコレートコーティング・クッキーも詰めました。早速食べた浩子から、「クッキーのサクッがいいね」とメールがありましたが、次のメールでは「リーシーズの箱にもっとおいしそうなのがあった。」と言ってきました。折角送ったのにそんな失礼な、と一瞬思いましたが、その浩子が目をつけた、「もっとおいしそうなもの」は、ホワイトチョコレートにオレオのようなクッキーが入ったクッキー&クリームに、更にホワイトチョコレートがけしてあるクッキーに違いありません。

Hersheys翌日には、浩子から写メールで「ね!おいしそうでしょ?」と、この写真が届きました。 そのときには、私は念のため、「リーシーズの箱にあったもっとおいしそうなもの」を確認するついでに、もう別のハーシーのクッキーを買ってきて食べていましたが、私が食べていたのは、この右端に写っている青いパッケージのAlmond Joyだったのでした(浩子の感想は「アーモンドジョイかあ。いい名前だね」)。昔よく、クッキー&クリームは食べましたが(板チョコもナゲットも、甘いけれど食べ始めると止まりません)、更にそれに手を加えてクッキーになったものは箱の脇の写真は見たものの、実物はまだ見たことがありません。タイムズスクエアのハーシーのお店でも見たことがない気がするこのクッキー、どこで手に入るのでしょう?

| | Comments (3) | TrackBack (0)