Dec 24, 2010

ライオンバス

 

アフリカに住んでいた友人ともっとも怖かったことの話になったとき、私のニューヨークでもっとも怖かった体験は、「口論になりホームレスに手を掴まれたこと」でしたが、友人の一番は荒野でタイヤがパンクしたときの「ライオンに襲われるかもしれない恐怖」でした。スペアタイヤは積んであっても、交換している間に襲われるかもしれない、ということで、一人が見張っていればライオンがやってきても分かりそうな気もしますが、「だってライオンは鹿に追い付くぐらい足が速いんだよ!!!」と真剣に言われ、骨付き肉に食らいつく多摩動物園のライオンの姿を思い出しました。

 

多摩地区出身であれば、誰もが子供の頃に行ったはずの多摩動物公園。そして、この動物園の売り、ライオンバスの思い出をお持ちの方も多いと思います。

 

ライオンバスと言えば、サファリをバスが巡回していて、動物園は山の中にあるとはいえ、よくそんな敷地があったなあと思っていました。さて、この夏、突然動物園に行くことになり、締めはもちろんライオンバスと思い、念のため最終バスの一つ前を狙っていました。サファリは動物園の中でも端のほうにあるのです。これからライオンバスに乗りますと発表すると、母はバスに乗って出口まで帰れるのだと勘違いし、「ネコバスじゃないんだから」と浩子に怒られていました。

 

何十年ぶりに乗るライオンバスですが、ライオン王国だからか、赤の広場にあるような、金色の玉ねぎが乗った建物は健在でした。バスの両側には肉片がついていて、どちらの側に座っているお客さんも肉を食いちぎるライオンをかぶりつきで見ることができるようになっています。でも、ライオンバスは普通のバス並みの時刻表で回って来るので、ライオンのほうも慣れたもので、今度は誰が肉片を取りに行き人間の相手をしてあげるのか、順番を決めてあるのではないかと思うほど、残りのライオンはくつろいであくびをしていました。

 

それでも窓越しに見るライオンの筋骨隆々度合いは凄く、襲われたら、浩子曰く「いやーもう絶対無理だわ。死んじゃう」です。

 

そんなライオンの姿に驚きながらも、気になるのは、広大なサファリに出ていくはずが、いつになっても出発地点の金色の玉ねぎが見えることです。おまけに見渡す限り、高いコンクリの塀に囲まれています。どこか見えないところにルートがあってそこからサファリに行くのかもと期待していましたが、バスが塀の中を巡回し始めたところで、それは子供の頃の幻想だったことに気付きました。小さい頃はあのライオン王国がサファリに見えていたとは!

 

それでもライオンバス、絶対にお薦めです。本物の野生の王国では、生死の危険を冒してしか見ることができない至近距離でライオンに出会えます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 01, 2007

めだか

一昨日、浩子が「見れるかい?」とこれを送ってくれました。浩子のナレーション入り。

うちに遊びに来た友人達が「池に鯉がいた」と話を作ったこともありましたが、本当は「甕(かめ)にめだか」です。
10年以上前、母の誕生日にガラスの器にグッピーを入れてプレゼントしようと思っていましたが、グッピーの育て方を読んでいたら、どんどん増えるグッピーの妄想が膨らみ、うちが水槽で一杯になっては大変と、結局めだかにしました。『10匹○百円』はあんまりだと思い、睡蓮も一緒にプレゼントしましたが、睡蓮はすぐにタニシに食べられてしまいました。

浩子によれば、母はめだかに話しかけて可愛がっているので、グッピー並みに増え、今ではこのムービーに写っているめだかも、うちに来てから何代目かというところでしょう。めだかの卵の鼓動を、学研のふろく(もちろん科学)の顕微鏡で見ていた頃が懐かしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)