Sep 27, 2009

夢十夜:第六夜 映画

Hiroko_central_park

(@Central Park)


こんな夢を見た。浩子が夢十夜 を元にした芝居をするから、夢十夜の映画を一緒に見ようと言う。気乗りせずに半分寝ながら離れて見ていると、突然、黒澤明の劇画調のモノクロ画面に昔の装束の人が山道を走っている。夢の中の夢かと思う。するとパソコンの画面が現われ、自動書記が始まる。昔、ノートの上に文字が浮き上がる夢を見たことがあるが、今どきになると自動書記もPC上になり、これもまた自分の夢かと思う。しかし、浩子は、これは松尾スズキの映画なのだと言う。

 

運慶が仁王像を彫るというので見物人が集まっている。運慶を見るのは初めてだと思う。運慶の踊りを見て、このようなところにもマイケルの影響があることに感激するが、時代からいって、運慶はマイケルを見る機会はなかったかもしれない。運慶はモダンな男で、袖を紐で絡げているが、髪は染めているのか金色で、ゴーグルだかサングラスを掛けている。見物人よりもよほどモダンだ。運慶が前振りの長いストロークで、ノミを振り下ろすと、木から仁王像がそのまま現れる。土から石を掘り出すようなものだから、決して間違えるわけはないという。自分もそのようなものかもしれないと思う。

 

それを見た阿部サダヲ演じる『私』は家に帰り、我もしてみんとてするなりと、軒先で薪を割る。すると昔、北海道土産の白い美味しい飴が入っていたような彫り物がでてくる。それを見て、自分はすぐに新潮文庫で第六夜を読む。そこで漱石の硬質な文章を読んでいる自分の感じをリアルに思い出し、これは夢じゃないと確信する。

 

漱石も凄いですが、映画も超秀逸なので是非是非ご覧下さい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2009

ピノキオと赤い金魚と1Q84と良心

Goldfish1 発売前から村上春樹の新作はアマゾンで上位にランキングされていましたが、眼の悪い私は、それを見て、新作は『IQ84 なのだと思っていました。読んだ?という友人からのメールにも、日本で品切れの本が私の手元にやってくるには一年ぐらいかかるに違いないと思いつつ、二人目のメールでようやく、実は『1Q84』だったことに気付きました。内容を漏れ伝え聞かなかったとしても、この二つから想像するものはかなり違います。IQ84ではオーウェルは浮かびません。

 

日本で盛り上がっている様子を聞くにつれ、シークレットではありませんが、誰かが持ってきてくれないかなあ、と思っていると、思いもかけないところで、ボストンで1Q84 BOOK 1 をお借りし(結局頂いてしまいました)、そこからケイマンに行く途中のマイアミで読み終わり、待ち遠しかった1Q84 BOOK 2 は、帰りのケイマンの空港で紅茶をこぼしているのにも気付かずに読み始め、飛行機から海を見るのも忘れて、ニューヨークに帰ってくるまでに読み終わってしまいました。読み始めると止まらない、もの凄いストーリーテラーであることを久々の長編を読んで再認識したのでした。読み終わり、私も赤い金魚(もしくは亀)が欲しいと思って家に着くと、すでに金魚がうちにいました。

 

サンジェルマン伯爵が描いた本物の宝石の輝きを持つ絵を見てみたいものだと思いつつ、本物みたいな透明感があって動きのある金魚をどうやって二次元の世界に落とすのかというのも関心事でした。浩子はかなり私の理想に近い、『金魚の復讐(revenge of the goldfish)』 

 

Revengeofgoldfish

という凄いタイトルの写真のTシャ ツを持っています。それに生き物のいる生活っていいものです。観察するためにも、古典的な金魚鉢に赤い金魚が理想でしたが、金魚がいると簡単に家をあけら れなくなり、暑い夏も寒い冬もそれぞれ問題なので、無理だなと思っているところへ、蚤の市で赤い透明感のある金魚の置物があったので、ちょっと前に買った ばかりだったのでした。それも林檎を買うために20ドル紙幣を持ってジョギングに行き、それしか持っていなかったのでまけてもらったような気がします。金魚の横には亀の置物もありました。

 

もっとも簡単に泣ける話は、『鶴の恩返し』か『フランダースの犬』だと思っていましたが、最近、『ピノキオ』もなかなかなものであることを発見しました。本屋でディズニーの『Pinocchio 』の絵本がセールになっていて、最後にコオロギのジミニー・クリケットが良心(conscience)のメダルを貰うところを見ようと思って、最後のページを開くと、人形になって死んでいたピノキオが人間の子供になっておじいさんと踊っているところでした。これも泣けます。

 

浩子にジミニー・クリケットの携帯ストラップ(のちにキーホルダーに転用)を貰ったことがありますが、コオロギは物語の最初で妖精にピノキオの良心になるように任命されます。子供向けの話なのに、「良心」なんて言葉が出てくるのはアメリカでは良心という概念はもっと小さなうちから教えられるのだろうか、それとも日本語の良心とは微妙に異なる意味なのかと長らく(今でも)疑問でした。

 

浩子にその話をしてみると、DVD を借りて見てくれました。浩子の感想は「猫と金魚が仲良しなのもいいね」と、良心の話はどこかに行ってしまいましたが、クジラに食べられるときも、なぜか金魚は金魚鉢の中にいて、海に金魚を連れていくっていうのはどういうことさ、と突っ込みどころ満載ですが、やはり古典的な丸い金魚鉢に赤い金魚なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 22, 2008

ちりとてちんの最後

Emoji_495 日本では『ちりとてちん』の放送も終わり、新年度の番組も始まってしばらく経った先週、浩子からちりとてちんの録画ビデオが送られてきました。こちらに帰ってきた直後に、毎日録画しているから、とは聞きましたが、ほとんどそれが続くことは期待していなかったので、驚きました。舞台の最中の頃か15話ぐらい抜けているらしいですが、それでも毎日録ってくれるなんて凄いことです。そこで、この数年故障して分解したままになっていたビデオデッキを、一念発起して直しました。(手ごろな輪ゴムで修理するとすぐに切れることを学びました。)ちなみに、番組のあのポスターを欲しい、と思うまでになったのは、ちりとてちんが初めてです。

日本から帰って来てからは、最終回の週に一度、ドバイの日本食屋さんで偶然見ることができただけでしたし、ようやくビデオも動くようになり、物凄く期待して見始めると、音がでません。今回初めて、日本で録画したものはアメリカのビデオデッキで再生すると音声に問題がでるらしいことも学びました。それでも、毎日、あらすじをチェックしていたので、みんなが何を話しているか分かってしまい、泣いたり笑ったりできる自分に感心しました。五木ひろしやお父ちゃんが『ふるさと』を歌うのも、聞こえてくるようです。その代わり、画面から目を離せません。そのうち、聞こえるのは気のせいでもないことが分かりました。静かな夜中に音量を最大限にしていると、ときどき聞こえるセリフもあります。

いまや、Youtubeでちりとてちん関連のスタジオパークをほぼ全部見たため、日本にいた頃とは、かなり違った目で見るようになっていました。朝ドラでは、主人公は新人のようなもので、周囲をベテランで固めていると思っていましたが、渡瀬恒彦が貫地谷しほりは凄い、ライバルだ、と評しており、そう思って見ると、確かに本人の演技が上手くなっているのではなく、喜代美が成長しているのが分かります。凄いです。最初は喜代美は本人そのままなのではないかと思っていましたが、スタジオパークの本人は全然違いました。キャストの仲のよさも、画面に滲み出ています。久々に変わっていないお母ちゃんを見るのも、お決まりのギャグを何度も聞くようでいいものです。

二本目のテープになると、毎回、0:41から始まり番組が終わる前の0:58に終わってしまうことに気付きました。予約録画をしているものの、うちのビデオの時計がずれているに違いありません。最終回は、恐れていたとおり途中(草々さんが病院の廊下で愛宕山の一節を叫んでいるところ)で終わってしまいました。魚屋食堂の双子が、1999年から成長していないような気がしたのですが、それでも大満足です。ありがとう、浩子。でも、やはり朝ドラは毎日見るのがいいですね。

冒頭のてんとう虫は、浩子が「かわいいでしょ。」と送ってくれました。かわいいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 18, 2008

ちりとてちん

Jyogasaki 昨年、浩子から「ふたりっ子の高校生棋士が今の朝ドラに出ていると思うんだけど」というメールがあった頃は、その「今の朝ドラ」が何なのかさえ、知りませんでしたが、私が一時帰国してからの浩子の話の一割は『ちりとてちん』です。年末に帰ってくると、年が明けたら毎日見れるね、と、浩子の解説付きでまとめ版を見せられ、毎日(特に再放送の土曜日)、ちりとてちんの放送時間に合わせ、生活が回っており、これが、局地的な人気(浩子のマイブーム)なのか、世の中的なものなのか、最初はよく分かりませんでしたが、7日、NHKで、『スタジオ・パークからこんにちは』が映り、草々兄さん役の青木崇高がゲストで登場すると、単なる我が家のブームではないことが判明しました。(浩子にスタジオパークの報告をすると、「じゃあ、草々は本名で出てたんだね」と、婚姻届で「あ」から始まる青木姓に「わ」から始まる姓だった主人公が変わる話をしてくれる、といった具合です。)初めてこのドラマを見せられたとき、「この人(草々兄さん)が一番カッコいい」と言うと、浩子に「ヒロインの旦那役でそういうカッコいい設定なんだから当たり前」と返されましたが、ちゃんとその当たり前の設定にはまり、注目を集めるのも大変なことです。浩子は「この人がいいんだよね」と言って、兄弟子も一人一人説明してくれますが、兄弟子に限らず、お父ちゃんもお母ちゃんも弟もほぼ全員が「いい」らしいです。

『ちりとてちん』では、長丁場ということもあるのでしょうが、一人一人が自分のキャラクターのものになった口癖まで話し、小さな卓袱台を囲めば、一家が揃うのも、ご近所が全員集合するのも、結婚式シーンで登場人物全員が画面に入るのも、まったく普通、自然です。不自然なセリフ・設定のドラマが多い中、プロのエンターテイメントはこうでなくちゃと思います。結婚を決めた翌放送日には、結婚式にまで辿り着き、15分しかないはずなのに、さらに後から後からお祝いの人が登場するスピード感もびっくりです。

また、まだ放送と同時には見ていませんが、福井出身の五木ひろしが、本人「五木ひろし」役ででているのも、私の好きなピーター・フォークが刑事コロンボを演じる「ピーター・フォーク」役で、『ベルリン天使の詩』に出ていたのと同じで、いけてます。白いスーツを着て登場しても、マイケルが真っ赤な金モールのついたジャケットを着て登場するのと同じで、いつもの本人の衣装なので、自然だけれども、これまた朝っぱらから驚くビジュアルで眼が覚めます。密度が濃い分、流すことができず、朝から集中力を要するのが玉に瑕です。でも、浩子によれば、「好きな朝ドラがあると毎日楽しくていいね!」というぐらい、それは幸せなことなのです。(今や浩子は、志ん生落語集CDを借りてくるほどです。)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 02, 2007

ふたりっ子

Twins_2 (Twins in NY)

一昨日、浩子から「ふたりっ子の高校生棋士が今の朝ドラに出ていると思うんだけど。」というメールがありました。羽柴秀吉役の人のようですが、そう言われても、なんともしようがないものの、数年前にHPに書いたものを再録します。『ちゅらさん』もいいのですが、我が家では『ちゅらさん』よりも『ふたりっ子』のほうが遥かに盛り上がったような気がします。

ffffffffffffffffffffffffffff
朝の早い会社員だった当時の私の生活に、朝の連ドラの入り込む余地はまったくなかったのですが、ある日、通勤途中で転んで足の骨にひびが入り(そういえば早退しタクシーで帰宅したら、この日に限って鍵を忘れた上に家に誰もおらず、日が暮れるまで庭で哀しく家族の帰りを待っていました)、翌日も休みました。そこで始まったばかりのふたりっ子を見て、すっかりはまり、それまでは起きることのなかった土曜日の朝に早起きして、衛星放送で一週間分まとめて見るようになりました。ノッコの主題歌を一度に七回聞くことになります。今ではすっかり大きくなった双子姉妹が、おとうちゃん、おかあちゃんと天下茶屋という驚きの地名の小さな豆腐屋で仲良く暮らしつつ、猛烈な勢いで話が展開していくのにあっけなく巻き込まれたのでした。

当初は、土曜日のまとめ見に非常に満足していたものの、ドラマが佳境に入ってくると、毎日見たくなります。おまけに、当時、名古屋にいた浩子が週末までドラマの話題を待てないと、録画して毎日見るよう強要されました。ある日、非常に重要な展開の日に帰宅すると、手違いでふたりっ子は残っていませんでした(ペルー日本大使館公邸占拠事件のために飛んでしまったこともありました)。その晩は、浩子がその日の話を三十分かけて電話で説明してくれ、十五分の番組の説明に三十分かかるとは、なんて濃いドラマなんだ!+映像メディアの情報量は膨大だ、とつくづく思いました。

ドラマの後半では、私は毎日の録画に飽き足らず、テレビガイドまで読んでいました(=そのぐらいはまっていました)。双子の娘がまたそっくりな(同じ)双子というすごい展開もそのまま楽しめるほど、役者も揃い、脚本もディテールも忽せにせずかつ勢いがありました。今でも『あのときの森山さんが』、『あの銀じいのセリフは』、『香住に行って見たい』などと話題になります。浩子は通天閣にも天下茶屋にも行ったのに、私はまだ行っていません。

年初には宗方仁役は森山さん(内野聖陽さん)だという衝撃的なニュースを聞き、日本に帰りたくなりました。個人的には、最後に二人が海を見ながら(頭の中で)将棋を指し始めるところが一押しです。我が家に公式ガイドとかなりの録画ビデオがありますので、ご覧になりたい方は浩子まで。かなり元気になります。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 23, 2007

ベスト・キッド/The Karate Kid

Jc

所属事務所の浩子のプロフィールの特技、「空手」を見ると、今でも練習しているのかな?(いやしていないはず)と思いますが、浩子のほうが私よりも強いのは確かです。映画、『ベスト・キッド』の影響で、世界中の少年は空手道場に走ったそうですが、私たちもそのうちの2人でした。(と、長らく思っていましたが、浩子の場合は、ジャッキー・チェンやユン・ピョウの影響だったかもしれません。)

以前は、映画は、見る直前に、吉祥寺のチケットセゾンでチケットを買うか、水曜日のレディースデーに見るものでしたが、『ベスト・キッド』については、前売りについてくる鉢巻(?)を欲しいがために、二人で事前に前売りを買いました。(その鉢巻は、結局、母が眼鏡を洗うときに使う専用手ぬぐいになりました。)前売りまで買った二作目は二人の間では不評でしたが、一作目は今でもよくケーブルテレビで流れていて、何度見てもラルフ・マッチオが演じるダニエルと一緒に頑張る気になります。

私が会社の寮を早々に出た理由の一つに、近くに空手教室がなかったことがあります。また浩子と一緒に通えば、クラスにほかに女性がいなくても少なくとも浩子がいるので練習相手に困りません。というわけで、実家に帰ってから、二人で空手教室を探し始めました。あるとき、稽古を見学させてもらうと、それは先生と生徒さん二人の小さなおだやかなクラスでした。お礼を言って、道場を出た後、どう思う?と浩子に尋ねると、「ここには目標にする人がいない」と思ってもみなかった返事が返ってきました。浩子恐るべし、と思った出来事の一つです。


その後、浩子も納得の道場を見つけ、通い始めました。元空手部の同期に、空手を習っているか聞かれたらどうしよう、と思っていましたが、普通、誰もそんなことは思いつかないので、杞憂でした。あるとき、浩子と組んで練習をしていると、蹴りがまともに入り、足に青痣ができました。隣の部の課長さんに「妹とけんかでもしたのか?」と冗談で言われましたが、真相は当たらずとも遠からずでした。もともと、自転車に二人乗りして、浩子は私を乗せてこぐことができるものの、私は浩子を乗せてこぐことはできませんでしたが、力では浩子にはとてもかなわないので、もうけんかはしません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 21, 2007

ちゅらさん

ちゅらさん4を記念して、数年前にHPに書いたものを再録させて頂きます。

松の内も明けた帰国前夜の12時過ぎに、浩子は「これからサーターアンダギーか、黒砂糖を使ったこのお菓子を作ってあげる!どっちがいい?」と『ちゅらごはん』という料理本を持って現れました。黒砂糖を買ってきたようなので、本気だったようですが、それならどうしてもっと早く作ってくれないかなあ、と思いつつ、次回作ってもらうことになりました。が、いまだにちゅらさんの影響は根強いことを再確認です。

CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC

Chura_1

私達は東京生まれ、東京育ちで、祖父母が自分達よりも都会に住んでいる状況でしたが、今更ながら、小さい頃はこういうところ(空が広いところ)で大きくなりたかった、というのが共通見解であります。

久しぶりに実家に帰ると、浩子は「ちゅらさん見る?」と、ビデオをかけてくれました。(番外編は「送ってあげる」、と言ったきりになっていましたが、約二ヵ月分見逃した私のために総集編はちゅらさん仕様のビデオテープ(注)で送ってくれました。一気に見ると、ティッシュ一箱分泣けました。)よく見ると、浩子の部屋には『ちゅら』と書かれたビデオが山のように積まれていました。本人曰く、私がいない間、全部録画しようとしてくれたのだそうです。おまけに何故か画質、音声が悪い。テープが悪くなっているから、とのことでしたが、暫くすると理由が分かりました。浩子は私のためにビデオをかけてくれたわけではなく、そもそも毎晩、BGMのようにちゅらさんを見ていたのでした。毎日、キロロの主題歌を一週間分聞くぐらいに。(このドラマで、私はキロロは北海道出身だという長年の勘違いに気付くことが出来ました。)
このドラマが始まったばかりの頃の話題は何と言っても『おばぁ』でした。史上初めて、本物のおばあさんが登場した!と思ったのでした。身のこなしや、やや自己中な話の運びながらも愛嬌があるところなどが祖母に似ていたからかもしれません。

『ちゅらさん』は伝染性なので、「そうさー」、「ねえねえ」など、我々の会話はかなりの影響を受けています。ドラマの影響でサーターアンダギーも流行りました。沖縄物産展でチャレンジするたびに、きっと古波蔵家のサーターアンダギーはもっと美味しいに違いない、と思っていましたが、昨年、その日に沖縄から帰ってきたばかりという先生にご馳走になった、おばあが作ったというサーターアンダギーは本当に美味しかったです。
ドラマの本題からはすっかりはずれてしまいましたが、このドラマではお父さんお母さんから、島袋さんまで、一人一人の役者さんが硬軟取り混ぜた登場人物に過不足なくすっかりはまっています。最近まで唯一文也君だけはやや腑に落ちなかったのですが、浩子に説得され、納得しました。文也君に限らず、最後には東京組の登場人物全員を沖縄に連れてきてしまう、恵理の人を巻き込む力、尋常ではありません。

浩子が『お約束』の沖縄みやげを送ってくれたこともありました。これが何か分かる方は、私達のマニアックなちゅらさんの話についてくることができるでしょう。是非ご連絡下さい。

(注)国仲涼子さんの切り抜きが貼られたビデオテープ。うちの母は「どこでこんなシールを売っているの?」と言ったとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 26, 2006

Fantasia/ファンタジア

数年前にHPに書いたものを再録させて頂きます。まだ観ていらっしゃらない方がいらしたら、目で見る音楽を年末年始に是非。

ffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff

Fantasia2

浩子にとって一番かどうかは不明ですが、私にとって一番の映画はファンタジアです。好きな映画は?と尋ねられ、数人の面接官を前にファンタジアが如何に素晴らしいかをとうとうと力説する夢まで見たことがあります。

その昔、ラジオ番組でファンタジアが話題に上り、ストラビンスキーの『春の祭典』は恐竜の足音になる、と聞きました。ファンタジアはクラッシック音楽にアニメーションがついたディズニー映画です。音楽を観るというのは想像もつかなかったものの、「恐竜の足音になるのは春の祭典のあの部分に違いない」と思った私は、自分の推測を確かめるためにも、ファンタジアを観たくてたまりませんでした。Fantasia1_2

今はDVDが出ていますが、当時、ファンタジアはどこかの映画館にかかるのを待つしかなく、ようやく吉祥寺の映画館に浩子と一緒に観に行きました。残念ながら、私が恐竜の足音に違いないと思っていた箇所は火山の噴火になっていましたが、『春の祭典』が地球の歴史になり、『くるみ割り人形』のアラビアの踊りは睫毛の長い色っぽい金魚になり、ミッキーの魔法使いの弟子といい、発想が斬新で、絵が音楽に命を吹き込まれ、もうすべてが輝いていて至福のときでした(浩子はこれで山盛りポップコーンがあれば完璧だったらしい。そういえば浩子は「マイケル(注)も自分の家でファンタジアを観ながらポップコーンを食べているに違いない」とも言っていた)。こんなに凄い映画があったとは、とあれほど驚いたのはファンタジアだけです。

ファンタジア2000も浩子と一緒に観ましたが、60年かかって皆で知恵を絞ってもオリジナルは超えられえないのだ・・・と思いました(CGで綺麗になりすぎて、登場人物(動物)に愛嬌がなくなった気も)。そのぐらいファンタジアは凄いのです。

注:マイケル・ジャクソン

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Nov 20, 2006

ピンポン

数年前にHPに書いたものを再録します。

最近、浩子は「ペコに似てない?」と大学時代の自分の写真を送ってきました。確かに、被り物のようにくっきりした短髪のときのペコにそっくりでした。

pppppppppppppppppppppppppppppppp

Pingpong_1

Asian Film Festivalで観ましたが、高校の部活の様子が外国人に伝わるだろうかと危惧したものの、そんな心配は無用で、笑いのタイミングも全く同時でした。ただ『星野』、『月本』の名前の意味、星マーク、月マークまでは伝わらないのかと思うと残念!

窪塚演じるペコが川に飛び込む前の、やる気なく、長髪にキャップを被りグレーのパーカーとジーンズを着ている様子は、テンションが低いときの浩子に、洋服、髪型、歩き方も雰囲気も何もかもそっくりです(分かります??)。本人にそう伝えると、「浩子はあの格好でやる気ある奴になるのが理想なの!!」と思ってもみなかった返信がやって来ました。未だに不可解なのですが、侮れないということなのか、ちょっと変ということなのか・・・
漫画も映画も甲乙つけ難くお薦めです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 07, 2005

ゴッホ/Gogh

twin-paris-3 (at Montmartre)

そういえば、浩子はゴッホも好きです。昨年の今頃、ニューヨークに来たときは、「ゴッホが観たい」と言って、友達と一緒に(私は未だに行ったことのない)MOMAに行ってしまいました。ゴッホ展の開催中でなくとも、メトロポリタン美術館ではいくつもゴッホを観ることができます。帰国前日の、朝から10件ぐらい予定が詰っている中、浩子を驚かせようと、30分の予定でメトロポリタン美術館に行きました。

浩子が私の強力推奨により珍しく観てくれた映画にメラニー・グリフィスの『Born Yesterday』があります。もともとイギリスに行くはずだったのにアメリカに行き先を変えた原因の一つはトクヴィルの『 アメリカの民主主義(Democracy in America) 』がありますが、この映画では、ワシントンDCの政治家を利用したい億万長者の金髪の愛人ビリー(メラニー・グリフィス)が、その古典的名著に辞書を引きながら取り組み、教育係のジャーナリスト、ドン・ジョンソンの影響もあり、目覚しく変わっていく様子が描かれています。『Legally Blonde』と同様、知恵、知識がどのように人の目を開き自ら考えるようになっていくか、実は知ったかぶりをしているだけの人も結構多いことも観ることができますが、浩子の向学心、向上心を刺激することを期待していたところ、「ビリーはもとから馬鹿じゃないよ」と根本的なことを言われました。そうです。その通りです。映画の中で、二人が美術館に行き(設定ではワシントンのはずですが)、ビリーが「小さな絵なのに、この部屋全体以上に大きく感じる」と言って涙を流すのが、メトロポリタン美術館にあるゴッホの『はじめての歩み(First Steps)』です。ミレーの素描を題材にした絵で、肌色が人間の顔の色ではないけれど、家族にとっての大きな喜びの瞬間を描いた、黄緑が揺らめく、そうパワフルな絵なのです。この絵を観せて浩子を驚かせようと以前から画策していましたが、朝から色々詰め込みすぎたせいか、残念なことに超反応薄でした。

ゴッホと対で思い出すのは、弟のテオです。ゴッホの手紙を読むと、きっと『戦場のメリークリスマス』のセリアズとその弟のように、離れていても以心伝心のように繋がっている兄弟に違いないと思われます。両兄弟とも兄が世を去るとほどなく弟も亡くなります。

浩子へ、ゴッホの手紙は家にもあります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)